大塚歯科第3ビル診療所ホーム > 金属アレルギー対策として「バイオ合金」を導入!(保険外)

金属アレルギー対策として「バイオ合金」を導入!金属アレルギー対策として「バイオ合金」を導入!

金属アレルギー対策として「バイオ合金」を導入!(保険外)

当院では必要に応じて、金属アレルギーをお持ちの患者さまに対して、貴金属とからだにやさしい金属だけで作られたバイオ合金を使用しております。

バイオ金属には4つの大きな特性があります。
1)口の中のph(酸性~アルカリ性)に左右されず耐腐食性に優れています。
2)金・白金を多く使用した、人のからだにやさしい金属元素だけで作られています。
3)純度の高い金属元素だけで作られている合金です。
4)人の歯に近い硬さを持つ合金です。

このような条件をすべて満たしている合金をバイオ合金と呼んでいます。
バイオ合金は金属アレルギーを持つ患者さまの治療にも効果的であることが、臨床実績で確認されています。

当院で使用している歯科用貴金属合金は、バイオ合金です。
ベリリウム、カドミウム、コバルト、ニッケル、パラジウムは一切使われていません。

金属アレルギーについて

アレルギーに対する関心が高まっています。歯科の分野でも、金属アレルギーが原因で治療を受けられる患者様もいらっしゃいます。

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは?花粉、ダニ、食物など、数多くのアレルギー源がありますが、金属が原因となるアレルギーを金属アレルギーといいます。
金属のアレルギー源としては、ピアス、ネックレス、時計などの金属装飾品や口腔内の金属があります。
金属が接触している部分に炎症や湿疹ができることが多いのですが、原因となる金属から離れた場所に症状が出ることもあります。

どうして金属アレルギーが起こるのか?

口腔内のpH(ペーハー)の状態やガルバニー電流によって溶け出した金属イオンが体内に取り込まれると、特定の蛋白質と結びついて抗原になります。この抗原は体内異物としてからだによって認識され、再び同じ金属イオンが体内に取り込まれるとリンパ球の攻撃を受けることになります。
この結果、皮膚や粘膜などに炎症やかゆみなどの症状が出ることがあります。

金属イオンの溶出とは?ガルバニー電流とは?

金属イオンの溶出とは?ガルバニー電流とは?口腔内のpHには個人差があります。食物などによって口腔内が長時間酸性状態を保つと、金属は次第にイオンとなって溶け出します。
また、口腔内にいろいろな種類の金属があると、異種金属間に電位差を生じ、イオンになりやすい金属が溶け出しやすくなります。この電位差によって流れる電流のことをガルバニー電流といいます。金や白金などの貴金属は、イオンになりにくい安定した金属元素です。

パッチテストとは?

パッチテストとは?金属を溶かして特別な溶液を作り、それを小さな布に吸わせて皮膚にはり付け、どの金属によって炎症が起こるかを調べます。このテストのことをパッチテストといいます。このテストによって、そのひとのアレルギー源をつきとめます。
ひとによってはどのような金属にもアレルギーを起こすことがありますが、一般的には金や白金などのいわゆる貴金属を多く含んだ合金ほどアレルギーを引き起こす可能性が低いことが知られています。

このページのトップへ