大塚歯科第3ビル診療所ホーム > よくあるご質問のご紹介

診療科目について診療科目について

Q&A(よくあるご質問のご紹介)

治療についてのQ&A

医療費控除の金額は?

A : 一年間の医療費合計(家族分も含む)
B : 健康保険や生命保険からの補填金
C : 医療費控除(10万円又は所得の5%のいずれか少ない方を超える額で、最高200万円が限度)
C = A - B

歯科医療で医療費控除として認められる場合は?

・金やポーセレンをつかった義歯や冠
・発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正(審美目的の一般矯正は認められません)
・一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません(どんな治療だろう?)

医療費控除を受けるために領収書の再発行を求められるか?

サービスとして領収書の再発行をしてくれる医療機関も有るかも知れませんが、必ずしも再発行が義務づけられているわけではありませんので窓口で医療費を支払った際の領収書はなくさないようにしましょう。

年末調整で医療費控除を受けられるか?

確定申告で還付を受ける必要があります。

領収書が無い分は控除額に入れられないか?

例えばバス代など領収書のないものでも、「支払先」「支払日」「支払金額」などを記録することによって控除額として算定することが可能です。

確定申告の際に必要なものは?

「源泉徴収票」「医療費の領収書」「印鑑」「還付金を受け取る金融機関の口座(本人のものに限る)」

医療費控除の対象となる医療を受けた人の範囲は?

「納税者本人又は生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること」が要件となっていますので、例えば共稼ぎの場合でも妻の医療費を所得が多い夫が医療費控除として申告することが可能です。

医療費をローンで支払った場合には?

ローンで支払った場合の金額の全額が控除対象とはならず、医療費の実額分が控除対象となります。なお、この場合ローン会社が医療機関に医療費の支払いをした時点で、その金額が受診者の医療費控除の対象額となります。

pagetop


歯の漂白(ホワイトニング)についてのQ&A

ホワイトニング(ブリーチング)とは、歯を削ることなく、白く美しい歯を手に入れる“歯の漂白”のことです。 カナダ・アメリカなどでは美しい口元、白く輝く歯、魅力的なスマイルのパスポートとして、ホワイトニングは今や欠かせない治療法として定着しています。 日本でもここ数年“白い歯”に対するニーズが高まり,ホワイトニングは新しい治療法として広まりつつあります。

歯の漂白って、何をするの?

一言に歯の漂白と言ってもいろいろな方法があります。当院では、オフィスブリーチングとホームブリーチングを行っています。オフィスブリーチングは一般的な治療と同様に、歯科医が歯の色調を明るく改善する漂白方法です。ホームブリーチングは歯科医の指導を受けて,ご自身で歯の色調を明るく改善する漂白方法です。

オフィスブリーチングとホームブリーチングってどこが違うの?

オフィスブリーチングは歯科医が直接治療いたしますので、強い漂白効果を有する薬剤が使用でき、通常は数回の来院で完了します。ホームブリーチングは任意の時間と場所で実行できます。通常は1日に2~8時間、薬剤を作用させ、2~4週間にわたり実行します。当院ではオフィスブリーチングとホームブリーチングを併用した「デュアルブリーチング」を行っています。

漂白剤は安全なの?

漂白に使用される過酸化尿素、過酸化水素は永年にわたり、口腔用消毒剤として使用されてまいりました。 アメリカ食品衛生局は消毒剤としての安全性を保障しており、その薬剤を応用しております。 しかしながら、全受診者の10%以下とはいえ、漂白方法により知覚過敏などの不快な思いをする場合があります。 大部分は一時的なもので心配には及びませんが,いずれも治療を中断することにより症状が軽減されます。

どんな人でも漂白できるの?

使用する薬剤にアレルギーを有する方、妊娠中あるいは授乳中の方、知覚過敏の傾向にあり、漂白により明らかに症状が悪化するおそれのある方には適用できません。 又、変色を起こした原因によっては、漂白法で色調の改善が見込めないことがあります。

このページのトップへ