大塚歯科第3ビル診療所ホーム > 歯科レントゲンについてのお話し

歯科レントゲンについてのお話し歯科レントゲンについてのお話し

見えないものが見える&診える

発見から118年たちました。

レントゲン博士によって、物質を通過する放射線「X線」が発見されてすでに118年。以来医学は大きな進化をとげました。体内にあって直接見えない病巣の把握は、問診・視診・触診や医師の知識、経験をもとにした推理によって行うしか方法がありませんでした。しかし、X線の発見によって、体内のどこでなにが起こっているかを写し出して、具体的に把握できるようになったのです。

歯科の分野へもいちはやく活用されました。

発見から数ヶ月後には医療への応用が試みられたといいますから、いかに必要性が高かったか想像できます。歯科の分野でも発見から数年で実用化されました。以来治療計画の立案、治療後の経過観察など、あらゆる場面で用いられています。
歯科の病気はロの中を覗くだけで発見できるには、ほんの一握りです。痛みが出ないまま進行する病気がめずらしくないのです。そのため、見えないところまでしっかり診ることが、歯科の治療でも大切なのです。

 

歯科のX線で病気になる心配は?

心配しなくても良い範囲です。

歯科医院でX線検査を受けるとき、被ばくが気になる方もおられるでしょう。そこで歯科のX線検査による被ばくのリスクについてお話ししましょう。現在線量の数値によって人体への影響があることが、さまぎまな研究者から、さまざまなデータとして開示されています。したがって、どれを信じるかは一人ひとりの判断にまかせるしかありません。
一言でいってしまえば「自然放射線量と比較したり、日常生活のレベルで考えて、歯科の放射線量は心配しなくてもよい範囲の線量です。ただしリスクがゼロではありません」。
ここにデンタルX線の撮影、CT撮影の標準的な実行線量を示します。また、その線量が、一年間に私たちが受ける自然放射線の何日分にあたるか、X線検査が「日常的行為のリスクレベル」と比較するとどのよう評価されているかご覧下さい。
いかがでしょう、少しは安心していただけたでしょうか。

 

X線で何が見えるの?

1)デンタルX線の場合

フィルムをロの中に入れて撮影するので「ロ内法」とも呼ばれる代表的なX線です。
小さな歯の中に隠れたむし歯、細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度のようす、歯ぐきの奥にたまった歯石まで映し出します。

2)パノラマX線の場合

装置が患者さんの回りをぐるりと回転して撮影。
歯や歯のまわりだけでなく、あごの骨格まで一枚の写真に映し出します。
一望できることで、患者さんのお口の状態や病態を総合的に把握することができます。

3)CTの場合

患者さんのあごを立体的に撮影し、立体画像やあらゆる角度からの断層写真を見ることができます。
CTでは歯や歯槽骨からあこの骨格や神経、血管、腫瘍などの形と位置などにより、正確に容易に知ることができるようになりました。

 

最小の線量で、最大の効果を。

X線検査は治療だけでなく、治療終了後の経過観察にも役立っています。
私たちは最小の線量で患者さんが最大の利益を得られるよう、適切に使用する責任を負っています。
なにか不安な点、ご質問があれば、気軽に聞いてください。

このページのトップへ