大塚歯科第3ビル診療所ホーム > 診療科目について > インプラント

診療科目について診療科目について

インプラント

事前・事後を大切にしています。

インプラントとは、失った歯の代わりとなる人工の歯、第二の永久歯です。
人工の歯根をあごの骨に埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れます。 見た目に優れているだけでなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。 インプラント治療を始める前には、慎重な事前検査が必要になります。大塚歯科では、十分な検査を行うとともに、施術後の定期的な検診にも力をいれ、患者さまがいつまでも快適に使用できるようサポート体制を整えています。


インプラント

第2の永久歯となる「インプラント治療」。インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。

インプラントについて詳しく


このページのトップへ