大塚歯科第3ビル診療所ホーム > 診療科目について > 入れ歯 > 部分義歯

診療科目について診療科目について

入れ歯

部分義歯

保険適応 金銀パラジウム合金+レジン床
【メタル】 コバルトクロム合金床、チタン床
【特殊義歯】 コーヌスクローネ、アタッチメント義歯
【ノンメタル】 フレキサイト義歯

フレキサイト義歯

フレキサイト義歯とは?

ピンク色の歯肉に相当する部分(床)が、従来のレジン(樹脂)ではなく、熱可塑性ポリアミド(ナイロン)弾性樹脂で出来ています。この材料を、歯に接触する床部分で薄く作ると、折れることなく、弾性を発揮し、留め金(クラスプ)の代わりとなって歯をしっかりとつかみ、安定させることができるようになります。

それによって、部分入れ歯の最大の欠点であった留め金(クラスプ)が見えなくなり、審美性の高い入れ歯ができるようになりました。また誤って、床に落としても割れません。患者さまから好評を得ております。

費用の目安:1装置 105,000円~

従来の入れ歯とフレキサイト義歯の違いは一目瞭然です!

入れ歯

このページのトップへ