一般歯科・無痛治療

  1. 診療科目
  2. 一般歯科・無痛治療
診療科目

一般歯科・無痛治療

SERVICE
catch copy 個性を尊重した治療を心がけています。

歯が黄色い、歯の色が気になる、このような歯の色に対する悩みは多々あると思います。
最近では歯に負担をかけずに歯を白くするさまざまな方法があります。
当医院では大きく分けて4つの方法で、歯を白くする治療を行っています。

虫歯治療
ほとんどの病気に対応します

ほとんどの病気に対応します。

当院では、歯をできるだけ削らず、痛みの少ない治療を目指しています。
虫歯治療の場合、事前のカウンセリングをしっかりと行い、患者さんに安心ともに治療を進めていきます。 私どもの持つ最新の医療方法で、患者さんにあった治療法をご提案します。 歯の大切さを知っていただくためにも、歯の状態や治療内容などをわかりやすく案内し、歯磨き指導まで、一生使える自分の歯を作ることを目指し、サポートします。

症状がない小さなむし歯は、コンポジットレジンという歯と同じ色合いのプラスチックで詰める治療をします。

冷たい物がしみるなどの進行したむし歯は、神経を保護する処置をした後、型を取り、部分的に金属をかぶせる治療をします。 何もしなくても痛むようなむし歯は、神経をとる処置をして土台を立て、全体をかぶせる治療をします。

むし歯が進行すると治療回数が増えるので早期の治療をおすすめします。

歯周病治療
80%以上の方がかかる国民病に、予防の段階から取り組んでいます

80%以上の方がかかる国民病に、予防の段階から取り組んでいます。

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称です。

歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

歯周病を治療していく事はかなり大変ですが、何よりも予防する事が大切です。当院では、患者さまに知識を身につけていただくだけでなく、予防対策法を実行していただき、ご自分の大切な歯で生涯食事できるようなアドバイスを行っています。

80%以上の方がかかる国民病に、予防の段階から取り組んでいます
根管治療
歯の根の根管治療

歯の根の根管治療

根管治療とは歯の神経を取った後の治療のことを言います。
(根管とは神経のあった穴のことです)
この根管治療は目に見えない部位を治療していますから、とても難しい治療です。

根管治療の成功率が80~90%と言われていることも納得できると思います。 しかし、X線で歯根の先端に化膿しているところが見られるほとんどに根管治療の不良も確認できます。 つまり、根管治療はX線で最終確認をできる治療なのでX線を撮ればその治療の善し悪しが分かるのです。まして、CT撮影をすれば、もっとその状態をよく把握できます。
ただし、根管治療の不良による化膿は、歯周病と同様に細菌による疾患であるため、ほとんど自覚症状が出ません。 ただし、免疫力が落ちたときなどに歯茎が腫れて強烈な痛みがでることがあります。

この自覚症状によって根管治療の不良に気がつくことが多いのです。 どうぞ、歯に痛みがなくても一度歯科医院でのチェックを受けてみてください。

無痛治療について
痛みを抑えた治療について~無痛治療への取り組み~

痛みの感じ方は人それぞれで異なりますが、当院では「できるだけ痛みを抑えた治療」に取り組んでいます。 多くの方から「ほとんど痛みを感じなかった」とのご感想をいただいておりますので、当院では無痛治療に取り組んでいます。

 

一般歯科・無痛治療では以下のような機器を使用します。

  • 炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザー

    副作用もほとんどなく、様々な症例に幅広く適用されます。レーザーを照射する際には、チクチクとした感覚がある場合もありますが、ほとんどお痛みはありません。

  • 炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザー

    副作用もほとんどなく、様々な症例に幅広く適用されます。レーザーを照射する際には、チクチクとした感覚がある場合もありますが、ほとんどお痛みはありません。

  • 炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザー

    副作用もほとんどなく、様々な症例に幅広く適用されます。レーザーを照射する際には、チクチクとした感覚がある場合もありますが、ほとんどお痛みはありません。

PageTOP