梅田・北新地の歯医者は大塚歯科第3ビル診療所|大阪駅前第3ビル18F

  1. 診療科目
  2. PMTC(歯のクリーニング)
診療科目

PMTC(歯のクリーニング)

SERVICE
PMTC(歯のクリーニング)

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC(歯のクリーニング)
PMTCは、歯科医院で専門的に行うお口のケアプログラムです。
毎日すみずみまで磨いているつもりでも、 歯ブラシの届きにくいところなど、どうしても汚れが残りやすいところができてしまいます。
そうしてできたバイオフィルム(細菌の塊)を、歯科医や歯科衛生士ら専門家が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて清掃。
歯の表面や歯と歯ぐきの境目などにいる悪い細菌や、細菌がつくるバイオフィルム(細菌の塊)を除去するのが、PMTCです。

PMTCの必要性

なぜ、毎日の歯磨きだけでは不十分なのか?
セルフケアで清掃しにくい場所は、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目です。
また、歯周病になると、歯と歯ぐきの間に深い溝(ポケット)ができ、その奥にある歯垢や歯石は自分では取り除くことができません。
ご自身で行うセルフケアと歯科医院で行うプロフェッショナルケアによって、お口の健康を保つことができるのです。

PMTCの効果

歯の表面を滑沢化することで、歯垢(プラーク)に含まれる雑菌を落とすことができます。
細菌の付着を妨げることで虫歯や歯周病予防の効果があります。
カルシウムの補給を助けて歯質を強くするとともに、汚れをつきにくくします。

ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングの違い
ホワイトニングは、専用のジェルを歯の表面に塗って脱色する方法です。
エナメル質内に染み込んだ黄ばみを落とすことができ、歯科医院でおこなう「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類から自分に合った方法を選べます。
一方、クリーニングは、歯の表面に付着した汚れを除去する方法です。
エナメル質内に染み込んだ黄ばみは落とすことができません。クリーニングした後の状態よりもさらに白くしたい場合は、ホワイトニングが必要です。

ホワイトニングとクリーニングの違い

保険と自費のクリーニングの違い

保険と自費のクリーニングの違い

保険と自費のクリーニングの違い
保険のクリーニングは、むし歯や歯周病などを引き起こす病的要因の解消を目的としたものが対象となり、歯石除去やSRPなどがあてはまります。例えば、虫歯・歯周病を発見した際に治療を進める前に行う歯のクリーニングは保険適用となります。
一方で、自費のクリーニングは、予防や審美性を目的としたものが対象となり、着色汚れを徹底的に除去できるPMTCがあてはまります。歯のクリーニングを目的に受診される場合はほとんどのケースがこの自費のクリーニングとなります。
保険のクリーニングでも少ない着色は除去できますが、全体についている場合やたばこのヤニは時間がかかるため、制限のない自費診療での対応となります。その場合は事前にお伝えしますのでご安心ください。

PageTOP