1. 診療科目
  2. 一般歯科・無痛治療
診療科目

一般歯科・無痛治療

SERVICE

虫歯の段階

虫歯の一歩手前で、症状はありません
エナメル質(歯の一番外側の硬い部分)表面にのみできた初期虫歯の段階です。削ったりする治療は必要ありませんが、定期的に観察していく必要性があります。フッ素成分配合の歯磨剤を日常使用することで、再石灰化を期待し初期虫歯が改善する場合もあります。大塚歯科では初期虫歯予防管理システムがあります。
少し穴のあいた状態ですが、痛みはほとんどありません
虫歯がエナメル質(歯の一番外側の硬い部分)に限られた小さい虫歯です。小さい虫歯を削って、白い樹脂をつめることで治療できます。この時に治療をすれば、痛みもあまりなく、たいてい1回で治療が終わります。
冷たいものや甘いものがしみたり、痛みがあります
虫歯が象牙質(歯の内部の少し深い所)まで進んだ虫歯です。虫歯の穴が小さい場合は、白い樹脂をつめることで治療できます。虫歯の穴が大きい場合は、型取りが必要になることが多いです。詰め物の材質は銀歯、金歯、セラミック等で治すことが多いです。
炎症がおこり、痛みも強くなります
虫歯が神経(歯の一番内部)まで進んだ虫歯です。この場合は歯の神経を抜いて、根の治療が必要となります。神経がなくなると、歯はもろくなり、かけやすくなってしまいます。また感染に対しての免疫がないので、知らず知らず虫歯になってしまいます。根の治療が終わると、その後に土台と被せを作っていきます。
歯が崩れ、根だけが残った状態
虫歯が大きすぎて、根の中まで虫歯になっている状態のことです。虫歯が他の歯に感染するのを防ぐために歯を抜かないといけなくなります。歯を抜いた後は、インプラント、入れ歯、ブリッジという3つの選択肢の中から治療を選ばなければなりません。

虫歯(脱灰)の成り立ち

  • 磨き残しにより虫歯菌の塊(プラーク)が歯にひっつく
  • 炭水化物を食べると唾液の消化酵素により分解されが生成される
  • 生成された糖は虫歯菌により代謝されが生成される
  • その結果プラーク中のpHが下がり、歯の表面からカルシウムイオンが溶出する

症状が出てからでは、
手遅れな場合が多い

虫歯になった部分は黒くなったり、茶色味がかったりします。
なので、患者様ご自身で虫歯かどうか判断される方がいらっしゃいます。
そもそも、虫歯になりやすい部分は大きく3つ言われており、
① 咬む面にある溝
② 歯と歯が接触している部分
③ 歯ぐき際です。
そのうち、①咬む面にある溝、③歯ぐき際は、歯科医師が目でチェックするだけで、虫歯の分別は比較的簡単です。しかし、②歯と歯が接触している部分を、歯科医師が目でチェックするだけでは、虫歯の分別には情報が不十分なことが多く、実際にレントゲンを撮影し確認しないと分からない事もあります。
歯科医院で検診を受けていれば、虫歯の状態を常々確認することができますが、検診を受けられていない方は、そういう機会がありません。
定期的にお口の中の現状を知るのが早くて損はありませんが、遅れれば遅れるほど大きな治療が必要になる場合があります。その分、治療回数・治療費用がかかってしまいます。そうならないためにも、歯科による定期的な検査と、違和感を感じたらすぐに歯科にかかることが大切です。

虫歯治療をするにあたって

虫歯は病気で、虫歯を削って詰めることは治療です。
しかし、虫歯ができる理由は千差万別で様々な原因が考えられます。治療を終えたとしても、原因が解決できていないと再び治療が必要となります。歯は限りあるものであり、残念ながら永久歯の生え変わりはありません。人間は誰しも、できるだけ歯を残したい、生涯歯に困らないようにしたいという気持ちはあるはずです。
それを実現するためには、ただ1本の歯に問題があったとしても、しっかりとした診査・診断を行い、現状を把握することで、お口の中全体を理想的な状態にするためにどうすればいいのかが分かります。患者様一人一人にあった治療計画をオーダーメイドで作る必要があります。 また、詰め物や被せ物で治療完了したと言っても人工物で補ったただけで、その詰め物や被せ物の隙間からまた新たな虫歯になるリスクがあります。再治療を遠ざけるためには適合制度の良い補綴物で、細菌の侵入を最大限に抑制することを推奨します。
しかし、治療を受ける方の中には、時間的、経済的に制限があり理想的な治療を受けることが難しい場合が有ります。私達は、あくまでも理想的なプランも念頭に置いて、先を見据えた段階的な治療をお勧する場合もあります。人それぞれのライフステージを考えながらプランを提供させていただきます。

歯の喪失原因

歯が失われる原因で最も多かったのが「歯周病」(42%)で、以下「むし歯」(32%)、「その他」(13%)、「破折」(11%)、「矯正」(1%)の順でした。
このうち「その他」は大半が智歯(親知らず)の抜歯で比較的若い時期に抜歯されます。
また「破折」の多くは、外傷など物理的に非日常的な大きな力が作用したものではなく、無髄歯(神経をとった歯)と考えられるので原因は「むし歯由来」とみなすことができます。
(2005年も調査 厚生労働省ホームページより)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-04-002.html
歯の喪失原因 歯の喪失原因

歯周病(歯槽膿漏)は骨の病気

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。 歯周病は感染者数の多い感染症とされており、あの有名なギネス・ブックにも掲載されています。
また、歯を喪失する原因の第1位が歯周病で、2位が虫歯となっています。歯周病が進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなったり、歯茎が退縮したり、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなくなったりします。そのままにしておくと、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。歯周病から歯を守りましょう!

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。
これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯と歯ぐきの間に残された歯垢(プラーク)

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気。結果的に歯を失う原因となります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。
次のことも歯周病を進行させる因子となります。
① 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
② 不適合な冠や義歯
③ 不規則な食習慣
④ 喫煙
⑤ ストレス
⑥ 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
⑦ 薬の長期服用

歯周病の段階

① 健康な歯肉
「薄いピンク色の歯肉」歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。歯肉が引き締まっている。ブラッシングでは出血しない。

② 歯肉炎
「赤色の歯肉」歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。ブラッシングで出血する。腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する。骨の吸収までは進行していない状態です。

③ 歯周炎
「赤紫色歯肉」歯と接している歯肉が更に腫れる。ブラッシングで出血や膿がでる。歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。歯肉が退縮して歯が長く見える。歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。
A) 軽度歯周炎
歯ぐきの腫れが大きくなり、歯周病菌が歯の周りの組織に侵入し、歯を支えている骨が破壊され始めている状態です。
B) 中等度歯周炎
炎症がさらに拡大して、歯の周り骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、 歯がぐらついている状態です。頑固にくっついた歯石もあり、歯周ポケットも さらに深くなっています。
C) 重等度歯周炎
歯の周りの骨が歯の根の長さの半分以上破壊され、歯はグラグラしている状態です。

歯周病(歯槽膿漏)は治るの?

歯周病は、予防も治療も可能です。
大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためには、
① 正しい歯ブラシの方法で毎日磨く必要があります。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。

② 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。

③ 傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。

④ 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

歯周病は口臭の原因になります

人それぞれ体に匂いがある様に、口の中にも匂いがあります。
正常な匂いは、生理的口臭と言います。病気やその他の原因で(多くの場合、口の中に原因があります)他人に不快な気持を与える匂いとなる場合があります。それを口臭と称します。 自分以外の人の感じ方で、口臭かそうでないかが決まります。口臭の原因として歯科では次の2つが考えられます。

口腔(口の中)が原因

口腔で一番考えられるのは歯周病です。
歯周病の特徴は歯周ポケットができること。これは口の中の細菌の格好の住みかを提供します。細菌にも種類がたくさんあるのですが、深いポケットに住み着くタイプの細菌は強い匂いを放ちます(日本臨床歯周病学会 より)。
細菌の中でも嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。これらは卵や野菜が腐った時に発生するガスと同じような匂い。自分の口臭は気づきにくいですが、歯周病にかかっていると不快な臭いがお口から発生しています。
① ② ③ ④ ⑤ に当てはまる方

歯周病が原因。
歯周病により、口腔内細菌により分解され、発生した物質が悪臭を放つ。

⑥ に当てはまる方

虫歯で空洞ができて、食べ物が入り食べ物が腐敗して、悪臭を放つ。

⑦ ⑧ ⑨ に当てはまる方

歯磨き不良により、歯垢や食物残渣によるもの。

⑩ に当てはまる方

唾液が少ないのも原因。(口腔乾燥症)

歯周病(歯槽膿漏)度チェック!!

歯周病(歯槽膿漏)は、全身の健康に大きな影響を及ぼす病気です。
以下のような症状があれば、要注意!
歯科医院の受診をオススメいたします。
① 歯ぐきからよく出血する。
② 歯ぐきがよく腫れる。
③ 口の中がネバネバする。
④ グラグラした歯がある。
⑤ 歯と歯の間に食べ物がよくはさまる。
⑥ 穴のあいた歯がある。
⑦ 歯の表面を舌でさわるとザラザラしている。
⑧ 義歯、ブリッジ、冠などが、入っている。
⑨ 舌を磨いたことがない。
⑩ 口の中がパサパサしている。
① ② ③ ④ ⑤ に当てはまる方

歯周病が原因。 歯周病により、口腔内細菌により分解され、発生した物質が悪臭を放つ。

⑥ に当てはまる方

虫歯で空洞ができて、食べ物が入り食べ物が腐敗して、悪臭を放つ。

⑦ ⑧ ⑨ に当てはまる方

歯磨き不良により、歯垢や食物残渣によるもの。

⑩ に当てはまる方

唾液が少ないのも原因。(口腔乾燥症)

生理的口臭が原因

朝起床時や空腹時。女性の場合生理時やその前後ホルモンバランスの不調により口臭を感じるときがあります。
上記の③・④は、通常そのような臭いは時間の経過と共に減少していきます。このように、生理的口臭には日内変動がみられますが、ゼロ(無臭)になるということはありません。 私たち人間は生きている限り、毎日食事をし、口の中ではさまざまな代謝が行われているので、無臭でいることはありえません。
ですから、あまり神経質になる必要はなく、他人を不快にさせるような強いにおいがでないように気をつければいいのです。

問題となるのは、病気によって発生する口臭です。 口の中の病気、鼻のどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気などが口臭と関連していると考えられていますが、口の中の原因が口臭全体の90%以上を占めています。
※口臭が気になったら、まずは歯科医院で相談されるといいでしょう。

歯周病と全身の健康との関係

歯周病は成人のほぼすべての人にとって身近な病気と言えます。
近年では糖尿病や肺炎など、全身疾患のリスク要因として、注意することが求められています。歯周病は生活習慣病の一つとして認識されています。
現在、糖尿病、心臓血管疾患、呼吸器疾患、骨粗しょう症、早産などが歯周炎と関連していると言われています。
特に歯周病と糖尿病は影響を与え合う相互関係にあるころが分かっています。

歯周病の治療方法

歯周ポケット検査

歯と歯茎の間にある溝(ポケット)の深さを測定します。
歯茎の腫れや出血の有無、骨の溶け具合、歯石の有無などを調べます。

基本治療

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。
原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。

① ブラッシング指導
歯垢の除去をプラークコントロールといいます。
自宅での正しい歯磨きがあってこその、健康な歯と歯茎です。私たちが細菌をコントロールするには限度があります。状態をできるだけ長くキープできるように、正しい歯磨きの方法をマスターしてください。

② スケーリング
毎日ブラッシングをしていてもどうしても残ってしまう、歯と歯ぐきの境目などにこびりついたプラークや歯石を、スケーラーという器具を使って徹底的に除去します。

③ ルートプレーニング
歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の奥に入り込んだプラーク・歯石によって、歯の根の表面が毒素や微生物で汚染されてしまいます。 その汚染した表層をキュレットという器具を使って徹底的除去します。最後に歯根面をなめらかにみがき上げ、再び汚れが付着するのを防止します。

④ 高濃度電解次亜塩素酸水
歯周病の原因は細菌汚染。高濃度電解次亜塩素酸水は細菌を安全に殺菌します。

⑤噛み合わせチェック
歯周病の進行に伴い歯は動いてきますが、動いている歯で噛むとさらに負担が増すため、その負担を軽くするために歯を削るなどして咬み合わせの調整を行います。
それでもぐらぐらして噛みづらい場合は歯科用の接着剤で隣の歯と接着し、ぐらぐらを抑えていきます。 これら基本治療により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンス(定期検診)に移行します。

外科治療

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。
ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

定期健診

歯垢(プラーク)を放っておくと、石のように固い歯石となります。
歯石に変わってしまうと、日常のブラッシングで取ることはできません。
少なくとも3ヶ月に1回は定期検診を受け、歯石除去と歯の健康チェックを行いましょう。

早めの診療

歯周病は、初期のうちなら完治することができる病気です。
また、かなり悪化していても現在は治療法の進歩により、適切な治療とセルフケアで歯を抜かなくてもよいケースが増えてきました。
しかし、歯周病が進行してしまい一度骨が溶け始めると、溶けた部分の骨は戻ってこないことが多く、歯の根っこが出たままの状態になることや、歯周病で移動してしまった歯を元の位置に戻せない場合もあります。このように、歯周病の進行度合いによっては、若く健康な状態のお口に戻すのが困難な場合があります。
少しでも自覚症状を感じたら、痛みを感じなくても、積極的にご相談ください。

虫歯が歯髄(歯の中に入っている神経)まで進行した場合や、根の先で細菌感染が波及した場合、根菅治療、すなわち歯の中の掃除が必用になってきます。
歯を抜かないで残すために、歯の根の病気(根尖性歯周炎)を治す治療です。

歯髄疾患の段階

  • ① 歯髄炎

    虫歯が進行し歯髄(神経)にまで及ぶと、歯がしみたり、痛んだりする歯髄炎になります。
    炎症が正常な状態に回復しない場合は根管治療が必要となります。

  • ② 根尖性歯周炎

    骨の中まで炎症が進むと歯髄(神経)が死に細菌が繁殖し根尖性歯周炎と呼ばれる状態になります。
    虫歯を報知して進行することもありますが、根管治療を行ったことのある歯が、多く根尖性歯周炎となっています。

歯の根の治療の流れ

  • 虫歯が神経まで到達している状態です。
  • リーマー、ファイルという器具を使って歯の神経をとります。
  • 被せをして、歯科用セメントをセットします。

治療方法

① 歯髄温存療法
抜いてしまった神経はもう二度と戻りません。
免疫機能を有する歯髄をできるだけ残すことを目指した治療です。

② 抜髄処置
炎症が広範囲になれば、歯の神経をすべて除去する必要があります。
痛みや炎症を抑えるための治療です。

③ 感染根管処置
根管内部で起こっている細菌感染を、消毒殺菌し炎症を除去する治療です。

④ 再根管治療
過去に根管治療を受けた歯に再度、感染が起こった場合に行う根管治療です。

⑤ 外科的歯内療法
通常の根管治療では効果がなく、また最終手段として行われる外科的処置です。 歯根端切除術や意図的再植もこちらに該当します。
マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用することで最大24倍まで拡大できます。
肉眼で見るのには限界のあった細部まできちんと見ながらより安全な治療を行なえます。
マイクロスコープ(手術用顕微鏡)はすぐに使いこなせるわけではなく、熟練した技術を習得した歯科医師が常時在中しています。
お札拡大お札拡大

マイクロダイレクトボンディング

コンポジットレジンと呼ばれる材料をマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を見ながら詰める治療です。
通常、虫歯治療で詰め物が必要な場合は、健康な歯を削ることを余儀なくされることが多いです。
しかし、コンポジットレジンを使用する最大の利点は、虫歯になっている部分のみの治療で済むため、健康な歯を削ることがほとんどなく最大限保存できることです。 また、詰め物と違い型取りが必要でないので、治療を1回で終わらせることが可能です。金属を使用しないので、金属アレルギーを予防できます。 ある程度の歯が残っていることが前提で、歯の大部分が失われている場合は非適応となります。

生活歯髄温存療法(Vital Pulp Therapy)

生活歯髄療法(Vital Pulp Therapy)とは、歯髄(歯の中の神経)を可能な限り抜き取らず、温存する治療法です。
主に歯髄に全く感染や炎症反応がない、ならびに部分的な感染である場合が適応になります。
従来は虫歯処置の際、歯髄(歯の中の神経)が露出すると、歯髄(歯の中の神経)の細菌感染を考慮して抜髄処置(神経を抜き取る処置)を行っていましたが、現在では歯髄(歯の中の神経)が露出した場合でも、歯髄症状が正常で炎症がなければMTAセメントにて封鎖し、積極的に歯髄を一部か全部保存する事ができます。
歯髄を残すのにデメリットはありません。歯髄を抜き取ると、歯を失う可能性が高くなります。
大塚歯科では積極的に歯髄を残す治療を推奨します。
MTAセメントの利点
  • 長期間の強い殺菌効果をもつ

  • 硬組織形成能を持つ

  • 効果膨張する

私たちの歯科治療は、実際に目ではみえない細かいところを、手探りで治療しているのが現状です。
根管治療は歯の中に神経が入り込んでくる、ごく細い管(根管)の中の治療です。
この根管は人それぞれで、湾曲していたり、複雑に枝分かれしていたりもします。また、大臼歯などでは根管は3本、4本と複数あり、そのすべてに完全な治療を行わなくてはなりません。細菌に感染した歯髄を取り残すと炎症や再発の原因となり、状態によっては抜歯する必要性が出てきます。そのような事態を防ぎ、ご自分の歯を残すためにも丁寧な根管治療を行なわなければなりません。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)はその根管の中を明るく照らし、直接目で視ながら治療ができるのです。
難易度の高い根管治療をより精密に行なうため、当院ではマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使っています。マイクロスコープを使わないと、どうしても歯の根の先端をキレイにするのが難しく、再度細菌感染が起こりやすくなりますがマイクロを使うと根の先端まで汚れがキレイに取れるので再度痛みが出る可能性を低くすることができます。
精密根管治療パターン精密根管治療パターン
低額で受けられる保険診療は魅力的ではありますが、再発すると痛みがストレスとなり、さらに治療の費用や時間もかかるため、結果として患者様にとって大きな負担となります。また、なによりも「将来自分の歯を残せるかどうか」という視点から考えた場合においても、保険診療ではその可能性は決して高いとはいえません。
このことから、当院では自由診療による治療を行なうことによって、将来的に少しでも長く自身の歯で噛めることを第一に考えた治療をおすすめしています。

歯は一度抜くと二度と元には戻りません。
歯を抜く前に精密な根管治療を受ける価値は十分にあると思います。
大塚歯科ではこの精密な根管治療で多くの方が、歯を抜かずにいることができています。

歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質の
4つから構成される歯周組織。手術で組織を再生させます。

歯周組織再生療法とは?

歯周病が原因で失った組織は再生療法を行うことで、ある程度取り戻すことができます。
歯周病で部分的に失った組織に外科手術を施し、エムドゲインゲル塗布することによって歯周組織再生を図ります。

エムドゲインゲルによる治療

エムドゲインゲルとは、スウェーデンで開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。
エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供のころ、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種。現在の科学水準に基づく高い安全性確保のもと、幼若豚の歯胚から抽出精製したものです。

歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現。初めて歯が生えたときと同じような、強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促し、健康な歯周組織を取り戻すことが可能になります。

歯周組織再生療法を行うための前提条件

① 歯周疾患は細菌によって引き起こされる歯牙支持組織の感染症であることへの理解
② 正しいプラークコントロールの実践
③ 治療の一部としてのメインテナンスの継続

歯周組織再生療法に臨む
患者様にお伝えしたいこと

健康な歯周組織を取り戻すまでには、短くても数ヶ月から1年程度かかります。
歯周組織が再生するまでの期間は個人差があり、歯周病の程度によっても異なります。術後のスケジュールの詳細も状態によって異なります。治療が終了した後も、口の中の衛生状態を定期的に検査する必要があります。

根管治療の精度を上げるために大塚歯科では様々な器具を取り入れています。

  • 歯科用ルーペ
    歯科用ルーペ

    根管はとても細く、肉眼で内部を確認することはまずできません。歯科用ルーペを用いて視野を拡大し、根管を内部までしっかり見ながら処置を行うことで、肉眼より精密な治療を可能にします。

  • マイクロスコープ(手術用顕微鏡)
    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)

    根管はとても細く、肉眼で内部を確認することはまずできません。マイクロスコープでは拡大率を25倍以上まで上げることができます。肉眼の情報に比べて25×25の計625倍の情報量得られます。ルーペに比べてより精密な治療を可能にします。

  • 歯科用CT
    歯科用CT

    歯科用CTで撮影を行い、根管の状態を3次元的な画像で取得して詳細な治療計画を立てます。従来、歯科医師の経験や勘に頼られていた部分も明確な根拠による処置が可能になり、治療の精度を高めることができます。3次元のデータを患者様にも確認してもらうことで、治療内容への理解を高めてもらっています。

  • ニッケルチタンファイル

    根管の中から神経・血管を取り除く際には、ファイルという器具を用います。当院では通常用いられるステンレス製のものでなく、柔軟性を持ち歯質を傷つけにくいニッケルチタンファイルを採用し、湾曲した根管にもぴったりフィットすることで汚れを残さず除去します。

  • 電動回転器具
    電動回転器具

    従来の根管治療では手の力で根管内部の掃除をしていましたが、患者様の負担を減らすために、電動回転器具を用い、短時間でより効率よく治療を行うことができます。

無痛治療について
子供の頃のイヤな思い出や他医院で痛い思いをして、なかなか歯科医院に通うことができず、口腔内を不健康な状態のまま放置される方がたくさんいらっしゃいます。大塚歯科では皆さまに安心して歯科医療を受けていただけるよう、完全無痛治療を目指して診療に取り組んでいます。

痛みの少ない治療のための工夫

麻酔時の痛みを軽減するには、表面麻酔の有無、注射針の太さや、注射する部分・温度・スピードが大きなポイントです。

① 刺入する部分の表面麻酔を行う 表面の感覚を鈍らせることで、麻酔針のチクっとする感覚を最小限に。

②細い針による物理的な痛みの軽減 細い針を使用することで、痛みをかんじる痛点を極力刺激しないので、痛みがほとんどでない。

③麻酔薬の温度を体温に近づける 冷たい液体を体内に入れると痛みます。体温に近い温度にすることで痛みを和らげます。

④一定速度で麻酔液を押し出す 電動麻酔注射器を使用し、弱い力で一定速度で押し出すと痛みがほとんどでません。

これらを慎重に丁寧に行うことで無痛治療を実現。 大塚歯科では、「無痛治療を実現することで、患者様に安心して治療を受けていただける」と考えて、日々治療に取り組んでいます。

PageTOP