1. 診療科目
  2. ホワイトニング
診療科目

ホワイトニング

SERVICE

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯を削らずに白くする方法です。

歯の黄ばみは2種類

① 歯の表面についた着色
歯の表面についたコーヒーや紅茶など、普段の食生活でついてしまった着色、ステイン、タバコのヤニです。
これらの着色やヤニは、歯のクリーニングである程度落とすことができます。しかし、じわじわと浸透してしまったステインに関しては落とすことができません。

② 歯の内部についた着色
歯は表面から「エナメル質」「象牙質」「神経」と3層構造になっています。象牙質は生まれつき黄ばんでいます。
表面のエナメル質は透明で、内部にある象牙質の黄ばみが透けてみえるため、歯が黄ばんでみえます。また、年齢を重ねると象牙質が分厚くなるため、より黄ばみが強く感じるようになります。

ホワイトニング方法は2種類

オフィスホワイトニング:
1回2セット¥11,000(税込)

歯科医院で行うホワイトニングです。
高濃度の薬剤のみでなく、光を使用することで短時間でホワイトニング効果を発揮します。
1回で白さを実感していただくことができるのが特徴です。
(黄ばみの強い方が真っ白にするには、数回の施術が必要です。1回で真っ白までするのはどのシステムでも不可能です)
ただし、色戻りがしやすいというデメリットがあります。

ホームホワイトニング:
上下¥30,000(税抜)

ご自宅など好きな場所で、好きな時間にご自分で行うホワイトニングです。
オーダーメイドのホワイトニング用マウスピースを作製し、漂白ジェルを入れて1回30分〜2時間程度装着します。
低濃度の薬剤を使用するため、じっくり時間をかけて白くしていきます。数回で白さを実感していただくことができるのが特徴です。
大事な日の直前に数回することで、気軽に明るくトーンアップすることが可能です。
オフィスホワイトニングと比べると効果は少ないですが、気軽さ重視のホワイトニングです。また、オフィスホワイトニングに比べて色戻りがしにくいのが特徴です。

これらを合わせて行うことで効果を増幅できます。
ただし、人によっては、先天的理由、抗生物質などの薬の過剰な服用による変色、または歯の内部の原因によりできない場合もあります。

デンタルエステサロンと歯科医院のホワイトニングの違い

エステサロンのホワイトニング

・基本的に歯の表面の汚れを取り除くだけの処置。
・歯科医院より安価だが、低濃度のホワイトニング剤を使用するので思うように白くはならない。
・医療行為を行えないので、歯に関する専門的処置を行うことが出来ない。

歯科医院のホワイトニング

・歯そのものを白くする。
・歯科医師や歯科衛生士などの有資格者の施術なので安心感がある
・短期間で効果を実感できる

ホワイトニングと歯のクリーニングの違い

ホワイトニング

・黄ばんだ歯を漂白して、歯の見た目の美しさをつくること。
・1回の施術でも効果が出やすい。
・ホワイトニングは、すべての施術が保険適用外。

クリーニング

・日常の歯磨きでは取り切れない歯石や色素を取り除き、口内の環境を整える。
・歯肉の健康状態を維持する施術。
・歯の状態によって、一部のクリーニングには保険が適用される。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で有資格者が行うホワイトニングのことです。高濃度のホワイトニング剤を使用し、光を照射して、短時間でホワイトニング効果を出していきます。

施術の流れ

1.歯肉の保護
2.ホワイトニング剤を歯面に塗布
3.20分静置
4.ホワイトニング剤の除去
5.水洗(②~⑤を繰り返す)
6.歯肉保護材の除去

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングは、ご自身で行うホワイトニングで、オーダーメイドのホワイトニング用マウスピースを作製し、マウスピース完成後にホワイトニング剤をお渡しして使用方法などについてのご説明をしていきます。
処置方法は、漂白ジェル(低濃度の薬剤)をマウスピースに入れて1回30分〜2時間程度装着し、終了後は口をよくすすいでください。
ホームホワイトニングは、じっくり時間をかけて白くしていきますので、数回で白さを実感していただくことができます。

よくある質問

Q.どんな人でも、ホワイトニングで歯が白くなりますか?

A.ほとんどの方がホワイトニング可能ですが、中には、あまり効果が上がらない方や、ホワイトニングをおすすめできない方(妊婦の方、小児、他疾患のある方)も
おられますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q.ホワイトニング後の効果は、どのくらい持続しますか?

A.個人差がありますが、一般的にはオフィスホワイトニングで3ヶ月~6ヶ月、ホームホワイトニングで約1年です。効果持続の違いは、飲食、喫煙、歯みがきの状態や定期クリーニングの頻度によっても違ってきます。

Q.詰め物やかぶせ物も白くなりますか?

A.ホワイトニングには、詰め物やかぶせ物を白くする効果はありません。

Q.ホワイトニングの施術中は痛いですか?

A.薬剤の影響で、知覚過敏によって歯がしみることがありますが、これは一過性のもので薬剤の使用を一時中止することで自然と痛みは治まります。

Q.ホワイトニングの施術後に、痛みはありますか?

A.歯の付け根まで綺麗にする時、薬液が歯肉に付着することがあり、その時に歯肉の色が白く変化し痛みが生じますが、色は1週間程で元の色に戻り、痛みは約2~3日で治まります。

ホワイトニング症例

  • 1
    ホワイトニング症例

    [概要]
    治療期間:1ヶ月
    治療回数:3回
    治療費用:64,900円

    [口腔内術前]
    全体的に黄色くなっています

    [口腔内術後]
    デュアルホワイトニング (オフィス3回+ホームホワイトニング4本)


  • ホワイトニング症例

    [副作用・リスク]
    ・術後一時的に歯がしみる症状が出る場合があります。
    ・ホワイトニング期間が終了すると、再び着色物の摂取により歯が黄色くなる可能性があります。

  • 2

    [概要]
    治療期間:1ヶ月
    治療回数:3回
    治療費用:61,600円

    [口腔内術前]
    全体的に黄色くなっています

    [口腔内術後]
    デュアルホワイトニング (オフィス3回+ホームホワイトニング3本)


  • [副作用・リスク]
    ・術後一時的に歯がしみる症状が出る場合があります。
    ・ホワイトニング期間が終了すると、再び着色物の摂取により歯が黄色くなる可能性があります。

PageTOP