梅田・北新地の歯医者は大塚歯科第3ビル診療所|大阪駅前第3ビル18F

  1. セラミック治療について パート2

ブログ

BLOG
診療について

セラミック治療について パート2

こんにちわ!GWが明けて昨日から日常がまた戻ってきて、しかも少し最近寒いですが、皆様しっかり歯磨きしてくださいね^^

連休中の間も、沢山ご相談いただいた「セラミック治療」の続きについてお話させていただきます。

 

 

 

セラミック治療のメリット

「透明感のある自然な白さと質感を実現可能」

「経年的に変色することがなく、いつまでも美しい」

「細菌が付着しにくく、衛生的で虫歯の再発リスクが低い」

「体に優しい」

 

セラミック治療のデメリット

「陶器のような材質なので、瞬時に強い力が加わると割れてしまう事がある」

「自費診療」

「神経を抜く治療を行う場合がある」

 

デメリットの中でよく聞かれるのは、「神経抜くんですか?」というご質問です

 

セラミックを被せるために、ある程度歯を削ります。患者様によって神経の走り方が違いますので、神経の治療が必要かは、削ってみないとわからない場合があります。

通常は、神経の治療をしなくてもセラミックのかぶせ物を装着する事ができますが、その後しみたり、食べ物を噛んで痛みがある場合は、神経の治療をする場合がございます。

 

では、一つセラミック治療の症例をご覧いただきましょう。

 

口腔内写真   口腔内写真

【術前】                  【術後】

 

いかがでしょうか? 当院のホームページでもセラミック治療の動画も掲載しておりますのでご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

PageTOP